https://stella-0531.xyz

育児日記 学習・制作 贈り物・ギフト

虫苦手ママの息子たち(5歳&4歳)、虫に興味を持ち始める。兄弟お気に入りグッズもご紹介☆

我が家の年子兄弟、

今年・・・ついに虫に興味を持ち始めました・・・

 

ついにキターーーー!!😱💦

 

そうなんです。

私、虫が、大の苦手。もう虫の図鑑を見るのも触るのも

恐怖なくらいです!!(笑)

昔は平気で蝶やバッタをつかまえてたのに、
今となっては近づくのも怖い。いつからこうなったのか・・

男兄弟の母ちゃんなのに、ある意味致命的(;'∀')

 

息子たち、今年は公園で蝶々やトンボをつかまえ、
(私がアタフタしてる間に、近所のお兄ちゃんたちに教わってた・・)
近所のお宅で飼っているクワガタやカブトムシなどを
見させて貰ったり、帰ってきてYouTubeのクワガタの動画を観ていたり・・

もうさ、好きじゃん。虫、好きじゃん、キミたち。

 

かたや、近所のお兄ちゃんに「そのバッタ、連れてっていいよ~。遠慮しないで~」

なんて言われた日には、全力でお断りさせて頂いた私(笑)

 

大丈夫!慣れるから!!
ママ友1

 

・・・慣れる気がしない😱

 

いつか慣れる日がくるのでしょうか。

 

今回はそんな我が家のお話と、我が家に少ないながらもある、

子どもたちお気に入りの虫関連グッズをご紹介させて頂きます。

 

カマキリ先生が図鑑になってた!!「昆虫すごいぜ!」に大人もハマるかも

 

Eテレでおなじみ、香川照之扮する「カマキリ先生」
熱く熱く昆虫のすごさを教えてくれる

「香川照之の昆虫すごいぜ!」

 

コレ、本にもなってたんですね。知らなかったです。

知人がこの本をくれたんですが、

次男、愛読しています。(字、読めないけど)

私も恐る恐るページをめくってみたんだけど・・(ビビりすぎ😱)
私の想像してた図鑑のイメージと違って、
カマキリ先生が授業形式で色んな昆虫の謎を解いていく、
読みながらにして体験型のような、引き込まれる一冊。

これは面白い。ページによっては・・慌てて閉じるけど(笑)

 

小学館の図鑑NEO「飼育と観察」

昆虫の顔がドーン!!と表紙にあるような図鑑だと、
触るのも怖く感じることがあるんですが、
この図鑑は虫だけでなく、水の生き物やペットの飼い方、
植物の育て方など、比較的身近な生き物に関しての情報が詰まっている一冊

虫に関しても、世界中の虫!というよりは、アリやコオロギ、クワガタなど
庭や公園、森や林でよく出会うような『身近』な虫が多いように感じます。

とはいえ、カマキリのページとかもあるので、「ぬおぉぉぉぉぉ😱」と
慌てて閉じることも(私だけ)あるけども(;'∀')

 

セリアの「昆虫ファイター」でカブトムシ飼ったつもり!?

ゼンマイ式なので電池不要で遊べるおもちゃ。

セリアで長男がコレ欲しい!と弟の分まで持ってきて、
買うかちょっと迷ったけど、

まだ虫網も虫かごもない我が家(ママの心の準備もできていない)、
これで疑似体験?して貰おう!と購入を決めました!

家に着くのが待ちきれなくて、車の中で「あけてー」コールが
鳴り響きましたが、帰宅後すぐに開封し、決闘を始めた兄弟たち。

ゼンマイを回すと角や足が動く動く!

なかなかの迫力。興奮する兄弟たち。

 

3日後・・

 

だ・・・だよね・・

むしろ3日、良くもったよ・・

写真右のカブトムシも一見無事に見えるけど、

ゼンマイ回してもほぼ動かず・・

購入翌日、パパが何かしらのパーツを接着剤でくっつけてたけど、
それでも更に壊れた😱

子どもたちの興味と向き合う

好奇心旺盛の子どもたちにとって、虫って動いてるし、
種類もたくさんで、ドキドキワクワク、きっとすっごく気になる存在!!

男の子は特に虫が好きな子が多いかと思います。

うちの近所の公園にも、虫かごや網を持参できている小学生が
たくさんいます。

トンボを捕まえたり、木の上のじーっと見てクワガタやカブトムシを
探しているお兄ちゃんたち。
カミキリムシなんて高度な(私にとっては)虫を捕まえてる子もいるかな。
かと思えば、アリの動きを大興奮しながら見ているちびっこたちも。

我が家は男の子二人なので、なるべく自然と触れ合い、
のびのびと活発に遊ばせて色んな経験を積んで成長してほしい
・・と思う反面、
虫は勘弁して~💦と、蝶が近くに飛んできただけで
慌てる母ちゃんが、今年少しだけ成長(レベルが低すぎるけど)した気がします。

この夏、大量の蝶々が飛んでた公園に毎日のように通い(震えたけど)、
うちの次男が素手でトンボや蝶々を捕まえている横で、
興味はあるのに触るのを怖がっている長男を見ているうちに、
母ちゃんの及び腰が影響しちゃったら嫌だな、
もう少し堂々としてよう!って思う気持ちが強くなった。

自ら触れないまでも、逃げずに近くで見守りました。

そんな日々のうち、トンボが私の顔のすぐ近くを横切っても
「ギャ!!」ってすぐに慌てなくなりました。(静かに距離は取るけど)

 

まだまだ苦手だし、トンボも触れないけど
来年か再来年あたり、「カブトムシ飼いたい~!」とかって子どもが
言ってきたときに、少しは余裕を持てる母ちゃんになれるかな。

また冬がきて、虫との接点が減りますが、当面は図鑑などの静止画
免疫を残しておきたいと思います。

 

あわせて読みたい

長男4歳の誕生日に「小学館の図鑑NEO」大人も子供も楽しめる!

長男4歳の誕生日に「小学館の図鑑NEO」大人も子供も楽しめる!

Contents1 小学館の図鑑 NEO 魚2 小学館の図鑑 NEO 恐竜3 小学館の図鑑 NEO 飼育と観察4 小学館の図鑑 NEO 動物5 小学館の図鑑 NEO 宇宙6 まとめ こんにちは。 かな ...

続きを見る

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ランキングに参加しています。

\こちらをクリックして頂けると励みになります/

にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

にほんブログ村 子育てブログ 年子へ

\こちらもよろしくお願いいたします♪/
HARERUの子育てライフ~やんちゃ年子兄弟との日々~ - にほんブログ村

-育児日記, 学習・制作, 贈り物・ギフト
-, ,

© 2021 HARERUの子育てライフ